2010年10月25日

ハンドリガード


SBSH0040.JPG

★赤ちゃんが自分の体を「発見」するきっかけ
3、4ヶ月のころになると自分の手を眺めたり前に組んだりするようになります
これは、自分の手を見つめることで
自分に体があるということを赤ちゃんが知るきっかけとなります
まずは目の前にある2つの手に気づき
そのうちにそれがただあるだけでなく、よく動くことに気づく
さらにそれが動くときは独特な感覚があることに気づき
その感覚とものの動きの間に関係があることに気づきます
これがいわゆる「手を動かす」感覚です
このような体験を通して、赤ちゃんは自分で自分の体を動かすことができることを知ります
(ケータイたまひよ引用)


素晴らしい行動です


初めて『あれ?見てる?』って気づいたのは10月20日頃‥
なっちゃん、生後2ヶ月目あたりでした
『なんかファイティングポーズだよね』
ってパパと笑ってたら
『あ!もしかして!』って(笑)

早い?違う?
↑によると3、4ヶ月で始まるって書いてあるけど
その子によって成長の歩みは違うだろうし‥

私は育児書などあえてあまり目を通しません
妊娠初期の頃もた☆ごクラブ買ったけど、
『‥痛いよぉ』『‥産めないよぉ』って泣くくらい怖くなっちゃったから1冊でやめた(笑)

『なるようになる!』
で今まで生きてきたわたしだもん
子育てもそんなカンジで行こうかと思ってまふ(*´艸`)





続きを読む

ニックネーム まりも at 23:59| Comment(10) | neo*noa*nana | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする